皆様こんにちは。

かんてい局亀有店のスタッフTです🐑

 

世間では山崎55年発売のニュースで持ち切りですね。
私は、そこまでウイスキーに興味はないのですが、販売価格を知って凄く驚きました。。。

そこで今回は山崎55年の発売に伴い、お酒が古ければ古いほど良いのか?というところを解明していきたいと思います。

 

~目次~

山崎55年発売
ジャパニーズウイスキーはなぜ高い?
ウイスキーは古いほうが美味しい?
日本酒は古いほうが美味しい?
お酒お買取りさせていただきます

 

山崎55年発売

話題の山崎55年。もちろん一般販売ではないみたいです。

販売方式は抽選販売。100本限定での販売となるそうで、

お値段はなんと1本300万!これは凄い。

専門家などの話によると、空のボトルだけでも数十万で取引できる価値があるのだとか。

もっと詳しい内容に関しては、以前ブログで紹介しておりますので、是非ご覧ください。

 

また、サントリー側の転売対策も有名になってます。

国内のみの発送とし、海外への発送を控えているほか、ボトルには購入者の名前が

ローマ字で印字されるなど、転売を防ごうとする姿勢が見られますが、ボトルへの印字が

あったとしても、高値で取引されることは間違いないでしょうね。。。

 

ジャパニーズウイスキーはなぜ高い?

私が思うに、ジャパニーズウイスキー高騰の理由は全部で3つ。

 

まず、そもそも買取店へのお酒の持ち込みが増えた時期はいつ頃からなのか。

これが重要になってきます。鑑定士をしていて個人的に、

「ん?お酒がよく持ち込まれるな・・・」

「お酒の買取相場が上がったな・・・」

と感じ始めたのは、NHKの連続テレビ小説、”マッサン”が放映し始めたころでした。

『マッサン』はNHK大阪放送局制作で2014年9月29日から2015年3月28日まで放送された連続テレビ小説第91シリーズの日本のテレビドラマ。ヒロインには、シャーロット・ケイト・フォックスが外国人として初めて起用された。

つまりは、2014年の終わりぐらいからですね。

竹鶴を中心に、さまざまなウイスキーの持ち込みがありました。

梅酒であれ、ジャックダニエルであれ、とにかく洋酒でも国産酒でもなんでも持ち込みがあったイメージです。

時を同じくして、ハイボールブームも起きていました。

最初の一杯がビールからハイボールに代わっていった時期も確かこの頃ですね。

上記のように、まず、国内でのウイスキーの関心が増していったという時代背景がありました。

そして、そういった国内でのウイスキーブームがどんどん熱を高めていき、世界進出していく切り口を作ったのです。

これが1つ目の理由ですね。

 

2つ目の理由としてですが

海外のお酒は非常に歴史があり、またそれゆえに価値がありました。

それに比べて、日本のウイスキーは100-150年ほどの歴史しかありません。

なので、歴史の浅い日本のウイスキーは世界的評価を得られなかったのです。

しかし、ジャパニーズウイスキーは歴史の浅さとは別に、上品な味わいという部分で

世界的な賞を受賞するようにもなってきたのです。

 

1つ、日本国内でのブーム。

1つ、世界的賞を受賞する味わい。

さぁ、そろそろジャパニーズウイスキーが高騰する理由がそろいますよ。

 

ブームもあり、知名度もあがり、ジャパニーズウイスキーを欲しがる手はどんどんと増えてきます。

行きつく先は当然”原酒不足”でした。これが3つ目の理由ですね。

需要と共有のバランスが釣り合わなかったのです。

ウイスキーは熟成に10年の月日がかかります。

なので、ブームになっても、そこから作り始めてたのでは、最低でも10年はかかってしまうのです。

これにより、サントリーの「白州12年」や「響17年」などは、販売休止中となっているようです。

 

ウイスキーは古いほうが美味しい?

先ほど、ウイスキーは熟成に10年はかかる。というお話をしましたが、それでは、10年以上の熟成。

つまりは長期熟成のウイスキーは価値と美味しさが釣り合っているの?という部分が気になりませんか?

私自身も、レミーマルタン、ナポレオン、いろいろなお酒を査定してきましたし、それこそ、ジャパニーズウイスキーも

査定してきました。が、実際長期熟成物のウイスキー、飲んだことはありません。

なんなら、「え・・・そんなに古いの?大丈夫なの?飲んで...💦」

とさえ、思います(笑)

が、私のような考えの方は少なくはないんじゃないですか?

では、果たしてウイスキーは古いほうが美味しいのか?というところですが。

 

結論から申し上げますと、

 

 

 

 

好きな人と嫌いな人がわかれる。

という身もふたもない回答となります(笑)

細かく説明します。

 

長期熟成のウイスキーは、風味などが変化します。

具体的にどういうことか。ポイントは2つです。

 

①まろやかな味わいに。

 

飲んだことない方にもわかるように、まろやかさ。に関して解説させていただきます。

そもそも、飲み物を飲んだ際に、「まろやか」という表現をすることってないですよね。

私も基本的にないですが、強いて言えばココアを飲んだ時くらいですかね(笑)

じゃあ実際に、ウイスキーにたいして使う「まろやかさ」とはなんなのか。

それは、もともと強い度数のウイスキーは、出来上がったばかりだと、直接的なアルコールの度数を味わえます。

グッッッ!とくるような感じですかね。

それが、年数が経つにつれて、ウイスキーの瓶の栓やフィルムの隙間から送られてくる、

本当に、本当に極わずかな空気。

にウイスキーが触れることで、非常にゆっくりと、そして少しずつ酸化していくことで。

味が落ち着いていく。ということなんですねえ。

 

②ランシオ香を楽しめる。

 

年代物のウイスキーは飲んだ際に、

木製の臭い・・・?

地下室の臭い・・・?

のような香りが発生している場合があります。

いわゆるこれがランシオ香。

癖のある臭いですが、この香りこそ高級ヴィンテージ品の証かもしれません。

長い歳月をかけたからこそ発生するその香りは、短期熟成の物では発生しません。

さらに、保管状況や、熟成の成功加減などによって、ランシオ香は出たりでなかったり。

なので、もっと言ってしまえば、長期熟成されたウイスキーの中でも、選ばれしウイスキーだけが

たどり着ける貴重な香りなのです。

ランシオ香のあるウイスキーが飲みたいから古いやつ買おう・・!

で、買えるような代物ではないのです。高価なウイスキーはこの香りも含めて価値のあるものなのですねえ。

 

日本酒は古いほうが美味しい?

ウイスキーの長期熟成による味わいに関して触れましたが、では同じお酒でも日本酒ならどうなんでしょう。

日本酒には賞味期限がありませんね。

ただ、製造年月日は記載していますね。

結論から言いますと、日本酒には賞味期限の記載こそないものの

製造年月日から「約1年以内」までに飲まれることをお勧めします。

 

どうやら日本酒はウイスキーと違って、質が落ちてしまう場合の方が多そう。

一般的には、1年以上経過してしまった日本酒は、料理をする際に使用するお酒として

皆さん使われることが多いようです。

 

というのも、経過年数が長い日本酒は、様々な味の変化が起こるそう。

甘かったり、苦かったり、必ずしも、美味しくなるとは限らないみたいです。

人によっては、古い日本酒を好む方もいるのかもしれませんが、一般的には、あまりおいしくないみたいですよ( ゚Д゚)

 

また、日本酒は透明ですが、年数が経った日本酒は、色がついてしまいます。

メイラード反応という変色の変化が起こり、茶色くなっていきます。

これは、糖とアミノ酸が結びついて、褐色物質メラノイジンが生成されるアミノカルボニル反応、または、メイラード反応と呼ばれる現象です。 玉ねぎを炒めると茶色くなる反応と同じものです。

 

お酒は古ければいいってことじゃなさそうですね(;・∀・)

 

お酒お買取りさせていただきます

 

質屋かんてい局亀有店では、お酒の買取、質預かりに力を入れております!

ギフトでもらったビールセット、飾りっぱなしのレミーマルタン。

古くなってしまった日本酒、はたまた幻の山崎など!

「古いお酒は買い取ってくれない」

というイメージは捨てください!

しっかり査定させていただきます(^^)/

 

 

~補足事項~

未開封であること原則的に、お酒は未開封のものが買取対象です。ただ、未開封でも保存状態が悪く、コルク部分が破損していたりすると買取できないこともあります。

未開封かどうかの判断は、お酒には基本的にキャップ部分にキャップシールと呼ばれるビニールや封印紙が貼ってあります。

キャップシールは未開封を証明するする証なので、これが切れていると、開封されていなくても、開封品扱いになりますので注意しましょう。

古いお酒のキャップシールは経年劣化で破れやすくので、保管の際にキャップシールをキズつけないようにしましょう。

 

関連記事

 

 

 

 

スタッフTブログ関連

かんてい局亀有店 オンラインショップ

かんてい局亀有店公式SNS

     

(無料の宅配キットをお送り致します)

食器類、買取致します!

飾ったままで邪魔!貰ったけどいらない!

全国の皆様お気軽にお問合せ下い!

 

宅配買取をご紹介

リンクをクリックしてね!(*'▽')

  ↓ ↓ ↓

家にいながらブランド品が売れる!!宅配買取・出張買取とは?
家にいながらブランド品が売れる!!宅配買取・出張買取とは?
2020.2.11
こんばんは。 かんてい局亀有店です。 本日は宅配買取と出張買取りのご案内をさせて頂きます。 どういう人のご利用が多いかというと、 ・引っ越しをするので荷物を減らしたい ・品物が多すぎて持っていけない ・子供がいたり、介護してる人がいるので家から出られない このような方にご利用をオススメしております...

line登録して頂き写真をお送り頂ければline査定も出来ます!

写メして贈ってね!

とても便利なline査定!お得な情報やクーポンも配信しています!

この機会に是非、登録を!

勿論、バカラなどの食器類も質預かりも出来ますよ!

 友だち追加

かんてい局亀有店について

かんてい局亀有店では、ハイブランドからカジュアルブランド、雑貨や玩具まで幅広く買取させていただいております。

葛飾区 足立区 荒川区 江戸川区 墨田区 台東区

その他の地域からもたくさんご来店頂いております。

千葉県、埼玉県からもご来店、ご利用いただいております。

質屋かんてい局は全国展開しているグループチェーンですので、ブランド品も安心してお持ちください。

査定だけでもお気軽にお立ち寄りください!!

◆かんてい局亀有店

東京都葛飾区亀有3-22-6

営業時間:10:00~20:00(※9月1日より)

定休日 :年中無休

TEL:03-6240-7118

亀有駅南口から徒歩1分

マクドナルドとUFJ三菱銀行の間を真っすぐお進み下さい!