海外インゴット買えます!

当店では独自の販売ルートを持っていますので、海外製インゴットを買うことができます!
是非お問い合わせくださいませ!

↓↓↓電話問合せはこちら↓↓↓

↓↓↓LINEの問合せはこちら↓↓↓

↓↓↓メールの問合せはこちら↓↓↓

貴金属買い取り店では金を売る人が増加

新型コロナウイルスの感染拡大で市場での金の価格が高騰するなか、貴金属などの買い取り店では、手元の金を売って現金に換えようとする人の割合が増えています。持ち込まれる金は、ネックレスなどの装飾品や記念硬貨などが多いということで、今後も価格の高騰が続けば金を売ろうとする人が増えるとみています。
買い取り店の担当者は「正直、私たちの中では、“貴金属バブル”のようなことが起きているという実感があります。相場自体が本当に高く推移しているので、売るタイミングとしては、すごくいい時期かもしれない」と話していました。

同じ事が当店でも言えますね!ですから今が売り時!と来店されたお客様にはお話をさせて頂いています。

 

 

 

目次

◎なぜ金相場が上昇し続けるのか

◎金の価格はドル$に連動

◎中東情勢と金

◎米中対立の激化

◎まとめ

なぜ金相場が上昇し続けるのか⁈

金の国際価格が急騰していますね!指標となるニューヨーク金先物は1日に一時1トロイオンス1800ドルを突破。2011年11月以来約8年8カ月ぶりの高水準を付けた、米国をはじめ世界各地で新型コロナウイルスの感染者が再び増加。再開したばかりの経済活動が再び規制されるとの懸念が強まったことで、安全資産である金を買う動きが加速しまた。

新型コロナウイルスで世界経済の低迷が確実視される中、株価が堅調に推移しています。一部からは現実を無視したバブルだとの声も聞こえてきますが、果たして今の株価は高すぎるのでしょうか⁈
新型コロナウイルスの感染拡大は、従来の“投資のセオリー”が通用しない環境を作り出した。足もとの市場を見ると、リスクオンの際に買われやすい株式と、リスクオフの際に買われやすい“有事の資産”とされてきた金が、同時に上昇しているのだ
●金価格と株価が同時に上昇する異常事態の背景
一般的に、金価格は株価や米ドルと逆相関の関係にあるとされる。そのため、新型コロナウイルスという未知のウイルスの蔓延が「有事」であるなら、金価格が上昇する一方、株価は下落しているはずだ。しかし、今回はそのセオリーに反して金価格と株価が同時に上昇している。  その背景には、世界的な金融緩和政策の影響がある。欧米の各国が、金利の引き下げと資金供給という大規模な金融緩和政策を打ち出したことで、金利の付かない資産である金の投資妙味が増したと同時に、代替通貨としての需要も増大したのである。

金相場と株価

金の相場はさまざまな要因で決まる

今回は、さまざまな要因がある中で株価とのつながりについて

為替相場(円安or円高)

一般的に金相場と株価には、逆相関性があると言われており、株価が下がれば金の相場が上がるという原理が働いています。
コロナショックのケースであれば、市場の混乱を来したアメリカ株価の大幅下落により、一過性の金の換金売りは起こりはしましたが、「安全資産」が買われ始め金価格が上昇したことになります。ただ、2000年以降に世界的に流行した感染症で、2002年のSARS、2012年のMERS、2013年の鳥インフルエンザ(H7N9亜型)などにおいては、一時的に株式市場にダメージを与えたものの、感染症の有効な治療法が見出されないまま、その後の株価は上昇傾向に戻っていた事です。
つまり通常通りであれば、今後中長期的に見れば新型コロナウイルスの感染拡大が収束に向かうと、株価が上昇し始め金相場が下がり始めるという傾向が考えられるということです。ある専門家は、今後コロナウイルス感染症拡大の影響で世界経済の減速停滞が強まれば、金融市場も今まで以上にパニックに陥ることも考えられると警鐘を鳴らしていますアメリカの大手金融会社ゴールドマン・サックスが金を「最後の安全資産」と呼んでいましたが、この先行きの見えない経済活動の停滞で世界景気の不透明さが残る限り、市場の不安定な動きとともに人々の心理が悪化し、「安全資産」といえども投げ売りされる状況がまた起こるかもしれません。

 

 

金の価格はドル$に連動

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上記は金の価格(青い線、ドル建て、左軸)にドルインデックス(右軸)を合わせたグラフです。去年の10月からドルが上昇しているのにもかかわらず、金の価格が上昇していることを

不思議に思う方も多いいのではないでしょうか?つまり新興国、特に中国やロシアなどの東側経済圏が国家の準備金を大量に購入していることに起因しているのも一つの原因です。

上記は青い線がドル建て金価格、黒い線(右軸)がアメリカ10年国債利回り(金利)です。比較すれば明らかなのがわかります、金の価格は金利が上昇したので下がっています。

そして低下をすれば上昇するという形になっています。上記の金価格とドルの関係・今回の金価格と金利の関係を見ても明らかなように、今までは金利に順応していた相場の変化の

対応が、2月の下旬から金利の変動とドルの変動の二本になっていることがなんとなくわかるかと思います。

崩壊した『安全資産』どうなる⁈今後の金相!売る?買う?引用

 

そのとおりで、わたしが思うのはこのまま金相場は今、数百円台の上昇で推移したりしていますが緩やかな上昇傾向で向かい2000ドルも突破するのではないかと思います。しかし今、金の上昇が米中対立激化、これは直ぐには収まらないと思います。世界経済とくに世界的金融緩和政策での上昇であるならば近い将来、ワクチンが出来ます。日本より早く世界経済が安定すると思います。そうなれば上記のよう金相場を後押ししている投資家達が金に魅力がなくなり投げ売りされる状況が起こっても不思議ではないですし、その時にどれだけ相場が下がるのか不透明すぎますね。だから相場が安定している今(時期)に売る事がいい選択ではないかと思いまうすね!ですから皆様、皆様 完全に金は今が売り時!です!

上がったものはいつかは下がります!今後、金を長く保有していて20年後などに売るという方は売らないで保有していたほうがいいかと思います。

 

金が高騰する背景のはずが

金価格の高騰は具体的な要因としてどんなことがあげられるのか⁈

様々な要因はありますが、ここで特筆すべきものとして、
一つに、アメリカや日本などの経済主要国における世界的な超低金利策が代替投資先として、利息はつかないが価値がゼロにならない金の価値を相対的に高めていると言われています。

そしてもう一つに、世界経済のリスクや景気懸念と、地政学的リスクが高まると金価格が高騰すると言われています。
地政学的リスクとは、世界のある特定の地域が抱える政治的、軍事的、社会的な緊張の高まりによって、その地域の経済や世界経済全体の先行きを不透明にするリスクを指します。

そんな、地政学的リスクが高まるときに安全資産として買われやすい「有事の金」ですが、過去の有事と金価格の関係性について少し挙げてみると、1973年のイスラエルとエジプト・シリアをはじめとするアラブ諸国の間で勃発した第四次中東戦争では、日本は原油が高騰して第一次オイルショックが発生し経済的打撃を受け、翌年の1974年には世界的に金価格が急騰しました。
その後も、1978年のイラン革命、1990年の湾岸戦争、2001年のアメリカ同時多発テロ、2003年のイラク戦争などいずれも地政学的リスクの高まりが要因で金価格が急騰しました。
数例挙げただけですが地政学的リスクは、投資判断に大きな影響を与えると言っても過言ではありません

中東情勢と金

2020年1月に起こったアメリカによるイラン司令官の殺害を発端に、両国の緊張関係は一挙に高まり、世の中では「第三次世界大戦」のような大規模戦争につながりかねないとの懸念もあり、「有事」に備える資産防衛としてやはり金価格が高騰しました。


日本国内では、金買取価格として約40年ぶりの高値をつけ、一時的な緊張は和らいだ後も高値で推移し続けています(2020年2月時点)。

また、2020年に入り新型ウイルス感染の拡大により、世界の金融市場は揺れ世界同時株安も懸念されています。コロナ勘弁(´;ω;`)ウゥゥ


一般的に金相場と株価には、逆相関性があると言われており、株価が下がれば金の相場が上がるという原理が働いています。
近年でも、中国が貿易のために通貨を操作しているとして「為替操作国」に認定するとアメリカが発表したことで、金融市場はリスク回避一色に振れ、世界同時株安となり金の相場が高騰しました。

とは言え、あくまでも金は持っていても利子や配当を生まないため、いざという時や相場が急騰し利益確定した際に、売却のタイミングと考える人もいるようです。

2020年11月にはアメリカ大統領選挙があり、再選を狙うトランプ大統領は、アメリカ国内の金融政策に力を入れてくるはずです。
2019年8月から急騰した金の相場も、元を正せば世界経済の不安定要素と言われる大統領の意思決定「トランプ・リスク」が要因であると言われています。
安全資産として存在感を高めている金ですが、大統領選の結果によっては今後どう値動きするか予想がつきません。
今は買いなのか、逆に金の需要が増えている今が売り時と考えるのか、先行き不透明感が拭えない世界情勢から今後もますます目が離せません。

のはずでしたが・・・

米中対立の激化

米中「新冷戦」への警戒織り込む金価格

 

 

 

 

政府は、テキサス州ヒューストンの中国総領事館が知的財産権や個人情報侵害の拠点になっているとして、同施設の閉鎖を命じた。

これに対して、中国政府は四川省成都の米総領事館閉鎖を命じており、両国が在外公館の閉鎖を命じ合う「開戦前夜」とも言える動きが、金市場に対する資金流入を促している。

香港の自治を否定する香港国家安全法の導入を巡って欧米諸国と中国との政治対立は激しさを増していたが、米政府はポンペオ国務長官主導で南シナ海での中国の領有権主張の拒絶、第5世代

(5G)通信システムから中国企業の排除などの「共通原則」で、自由主義諸国に対して協調を求めている。欧州やオーストラリアなど一部の国は、既にこうした動きに呼応して、対中強硬姿

勢に傾斜し始めている。

米中対立は、香港情勢、台湾の自治、チベットやウイグルの人権問題、中国の海洋進出、知的財産権保護など多方面で同時に展開されているが、米中の「新冷戦」とも言われる状況が、安全資

産としての金に対する投資ニーズを高めている。従来は景気への配慮もあって全面的な対立は回避されてきたが、現在は財政政策と金融政策がフル稼働の状態にあるため、経済ショックを限定

できるとの計算もあるのだろう。しかも秋には大統領選挙を控えており、支持率が低下しているとの世論調査が目立つトランプ米大統領の動きも読みづらくなっている。

中国当局が金買い抑制へ

 

 

 

 

 

 

 

中国工商銀行は29日、金や白金など貴金属連動商品の新規取引口座開設を31日から禁止することを発表した。 ロイターが報じた。

中国当局と主要銀行は、中国投資家による貴金属取引の活性化を受け、これを抑制する動きに出た。

 

 

5月6日にトランプ政権が中国からの輸入品に対する追加関税を引き上げる考えを示したことで、安全資産を選好する動きが強まりました。

また、金利が低下したことも金には追い風となりました。さらに地政学的リスクの台頭も材料視されました。その後は下落しました。

5月8日に一時1,291.39ドルと、4月15日以来の高値を付けましたが、中国が貿易合意を望んでいる兆しがあるとの米ホワイトハウスのコメントを受けて、安全資産の金に対する需要が減退しま

した。市場では、インドの祝祭シーズンにおける現物需要が金相場を押し上げたとの声も聞かれました。その後は小幅反発しました。

米中貿易協議の行方に対する警戒感から安全資産としての買いが優勢となりました。米中政府は5月9日に閣僚級貿易協議を再開しましたが、米国は対中制裁関税の引き上げを正式に通告しまし

た。これに対して中国商務省は報復の構えを見せました。

協議の行方は全く予断を許さず、米中貿易摩擦が激化すれば世界景気が減速するのではないかとの懸念が再燃し、投資家のリスク回避姿勢が強まる中、米国株が寄り付きから大幅に下げると、

金は安全資産としての買いが活発化しました。ドル安・ユーロ高でドル建て金相場の割安感につながったことも上昇を後押ししました。

週末は上昇しました。米国が対中追加関税を引き上げたことで、世界経済の減速に対する懸念が強まり、安全資産とされる金が買われました。また、イラン情勢の不透明感やドル安も押し上げ

につながりました。

ついに「断交」まで口にしたトランプの怒りの本気度

米国のトランプ大統領が、新型コロナウイルス拡散に関する中国の責任を厳しく追及している。中国への批判は日増しにエスカレートし、ついに中国との関係の全面断絶をしてもよい、とまで

発言した。中国側はこの発言に対して「トランプ大統領は正気を失った」と激しい反発をみせながら、懸念もちらつかせる。さて、このトランプ発言をどう読めばよいのか。米中関係はどうな

るのか。

中国に賠償請求続々 米、インドなど「初動誤り拡大招いた」

新型コロナウイルスの感染拡大で甚大な損害を受けたとして、中国に損害賠償を求める動きが世界各地で広がっている。中国の初動対応の誤りが世界的な感染拡大を招いたとする訴えで、欧米のほかインドなどからも責任追及の声が上がる。中国政府は「自国の対策の不十分さを責任転嫁している」と強く反発している。 米中西部ミズーリ州は4月下旬、中国当局がウイルスの危険性や感染情報を隠したため深刻な経済的影響が出たとして、中国政府や共産党などを相手に損害賠償を求める訴訟を米国で起こした。米国では個人や企業が相次いで同様の訴訟を起こしており、トランプ政権も感染拡大を招いた中国に対する報復措置を検討。中国政府への賠償請求が選択肢として浮上している。 英保守系シンクタンクのヘンリー・ジャクソン協会は、中国当局の情報統制により、多くの湖北省武漢市民が感染に気づかぬまま春節連休前に海外へ出たことが世界的な感染拡大を招いたと指摘。経済的損失は先進7カ国に限っても最低4兆ドル(約425兆円)に上ると試算した。中国政府が世界保健機関(WHO)へ十分な情報提供をしなかったことは国際保健規則に反するとして、国際社会は中国政府に法的措置を取るべきだと提言した。 こうした動きは欧米にとどまらない。各国メディアによると、インドでは弁護士団体などが20兆ドルの賠償を求める請願書を国連人権理事会に提出した。ナイジェリアでも弁護士らが、中国政府に対し2千億ドルの賠償を求める考えを表明した。トルコでも大学生が中国大使館に賠償請求の書簡を送ったという。

厳しい中国への批判

一番激怒している国は間違いなくアメリカでしょう。
トランプ大統領がこれまでに発言した内容は、

トランプ大統領トランプ大統領
新型コロナは中国で起きたことだ。私は正直、中国に少し頭にきている!私たちは中国を助けるために、人を送った方がいいかと聞いたが中国は拒否した。プライドが許さなかったんだろう。
トランプ大統領トランプ大統領
WHOは中国寄りだ!WHOは基本的な義務を果たさなかった。
責任を問われなくてはならない!
WHOへの資金拠出も止める!
トランプ大統領トランプ大統領
武漢の海鮮市場にはコウモリも居ないし、売られてもいなかった。ウィルスは武漢のウィルス研究所から漏れたものなんじゃないのか!?
調査を開始する!
故意の責任があるなら、中国は報いを受けなければならない!
アメリカ米国務長官
中国共産党が私たちの健康や暮らしに重大な脅威をもたらしている!
フランス マクロン大統領
中国が新型ウイルスの流行にうまく対処していると「バカ正直」に信じてはいけない。
イギリスイギリス外相
中国とはこれまでの関係を維持できないかもしれない。
ドイツ メルケル首相
中国がもう少し透明性を持ってくれていたら、全世界の人々にとって、もう少し良い結果になっていたと思う。
豪外相
中国の透明性への懸念が「非常に高まっている」。独立した調査が必要。

買取実績

 

まとめ

そのとおりで、わたしが思うのはこのまま金相場は今、数百円台の上昇で推移したりしていますが緩やかな上昇傾向で向かい2000ドルも突破するのではないかと思います。しかし今、金の上

昇が米中対立激化、これは直ぐには収まらないと思います。世界経済とくに世界的金融緩和政策での上昇であるならば近い将来、ワクチンが出来ます。日本より早く世界経済が安定すると思い

ます。そうなれば上記のよう金相場を後押ししている投資家達が金に魅力がなくなり投げ売りされる状況が起こっても不思議ではないですし、その時にどれだけ相場が下がるのか不透明すぎますね。だから相場が安定している今(時期)に売る事がいい選択ではないかと思いまうすね!ですから皆様、皆様 完全に金は今が売り時!です!

上がったものはいつかは下がります!今後、金を長く保有していて20年後などに売るという方は売らないで保有していたほうがいいかと思います。

また、昨今のインゴット密輸事件の急増に伴い、2019年2月1日(金)より多くの地金、買取業者が海外ブランドのインゴットのお買い取りができなくなりました。

他店では一つが100グラム未満の金の純度が99.99%以上のインゴットなど制限がある所や金の延べ棒、ゴールドバー、傷のないコイン、工業製品用板材などがあり、精

錬しなくてもそのまま市場で流通するもので純金や24金、K24等と呼ばれます。 インゴットは主に投資目的、資産目的で流通しています 日本国内では田中貴金属、

徳力、石福が有名です。

しかし当店では売却可能な提携業者とのお取引をしておりますので買取は可能です。但し、他の地金、買取業者同様に、いつ買取が不可になる可能性もありますのでお

早めのご売却をオススメ致します。また、お持ちの純金インゴットを担保に『融資(質預かり)』という質屋ならではの取引方法も可能です。

今回は、お売り頂きましたが、大切にお使いになられて手放したくないけどどうしても一時的にお金が必要という場合でも、お持ちの大切なお品物を売らなくても、お

金を手にする方法『質預かり』行っています。

当店では幅広く商品をお取り扱いしております。メール査定・line査定でもお気軽に査定出来ますので登録を宜しくお願い致します。只今、お友達登録キャンペーンで

お得なクーポンをお送りさせていただいています。

査定は無料なので、お気軽にご来店下さい。

☟店の場所についてはコチラ☟
※画像をクリックGO↓

東京都葛飾区亀有3-22-6
営業時間:10:00~20:00
定休日 :年中無休
TEL:03-6240-7118
JR亀有駅南口から出てUFJ銀行とマクドナルドの間のゆうろーど商店街を真っ直ぐ歩いてすぐ右側!珈琲館の隣です!

関連記事

メール査定

☟メールでの査定・お問い合わせはコチラ☟※タップで送れます

LINE公式アカウント 新規友達特典

今ならかんてい局亀有店とお友達になるともれなくお得なクーポンがもらえます。

※友達追加後のトークメッセージでお知らせします。

クーポンをゲットするまでのやり方(簡単です)

☟公式LINEでの登録はコチラ☟※タップですぐ登録できます


販売について

各種買取品目※運転免許証・健康保険証・パスポート・外国人登録証のいずれかをご用意ください。※20歳未満の方のお取引はできません。

買取ダイヤ・宝石・貴金属買取ブランドジュエリー買取ブランド品買取ブランド時計買取お酒買取ゴルフ用品買取その他買取ファッション

かんてい局亀有店について

友だち追加

かんてい局亀有店では、ハイブランドからカジュアルブランド、雑貨や玩具まで幅広く買取させていただいております。

葛飾区足立区荒川区江戸川区墨田区台東区江東区亀有金町綾瀬東和大谷田青戸北綾瀬金町北千住松戸北松戸町屋水元堀切柴又高砂お花茶屋新宿中川神明加平谷中高砂小岩細田白鳥立石四つ木奥戸花畑六町青井五反野小菅保木間梅島西新井品川新橋東京上野日暮里三河島南千住馬橋新松戸南流山北小金南柏北柏我孫子西日暮里千駄木根津湯島新御茶ノ水大手町その他の地域からもたくさんご来店頂いております。

千葉県、埼玉県からもご来店、ご利用いただいております。

質屋かんてい局は全国展開しているグループチェーンですので、ブランド品も安心してお持ちください。

また腕時計の中でも、ロレックス、オメガの買取を強化しております。

アンティークから現行モデルまで幅広く取り扱っておりますので、査定だけでもお気軽にお立ち寄りください!!

もちろん金券類も買取しております!

只今お酒の買取強化中!ブランデー、スコッチウィスキー。

お気軽にお問い合わせください。

◆かんてい局亀有店

東京都葛飾区亀有3-22-6

営業時間:10:00~20:00(※9月1日より)

定休日 :年中無休

TEL:03-6240-7118

亀有駅南口から徒歩1分

マクドナルドとUFJ三菱銀行の間を真っすぐお進み下さい!☜